おめでとう、B・B!

ずっと書きたくて、でも記事として上手くまとまらずに完成できなかった記事です。
書きたいように、書けるように、書きます。

北海道日本ハムファイターズ公式HPより

北海道日本ハムファイターズ公式HPより

もう何ヶ月も前の話なのですが、日ハム(野球)のマスコットキャラクターであるB・Bが偉業を2つも達成しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

達成した二種類の偉業

1000試合出場

日本ハムB☆Bが1000試合出場 移転から12年(日刊スポーツ8/27)

プロ野球のマスコットで1000試合出場というと、畜生ペンギンつば九郎が既に達成していますよね。というか、調べたら1500試合突破しているらしい。すごい。

B・Bはそれに継いで二番目かな?

プロ野球は年間に100試合以上もあるため、野球選手で1000試合出場となると現時点で470人以上も達成者がいるようです。

マスコットの場合は単純比較はできないものの、いずれにしてもものすごい記録であることには違いがないでしょう。

「212物語」完結

日本ハムのB・B「212物語」完結(朝日新聞デジタル9/24)

個人的に最も「B・Bといえば!」という企画が、この「212物語」でした。

団体としての体力(資金力)にある程度余裕があって、一定の理解も得られていて、といったことがないとできない企画です。
それにキャラクター本人にもものすごく仕事が増えて、それで完成した映像は(決して悪い意味ではなく)内輪ネタ。一般ウケするものではないので(おそらく)DVDの売上も多くはなく、費用対効果で言えばものすごく効率が悪いと思います。

でも、これこそが「地域密着」じゃないでしょうか。
これこそが「マスコットにできる最大限の貢献業務」じゃないでしょうか。

私はそう感じています。

今後のB・Bの動きにも目が離せない

B・Bは他のマスコットにはない魅力があります。
それを私なりにひとことで言い表すなら、

マスコットキャラクターとしてのプロ意識が圧倒的に高い

となるでしょうか。

このコラムや以下の本から「B・Bの人柄」がにじみ出ています。

そんなB・Bが、今度はなにを始めてくれるのでしょうか。

次の一手を楽しみにしながらも、まずは今後も末永く日ハムのマスコットとして活躍を続けていくことを願っています。

いつか直接お会いしたいキャラクターなので、なんとかいろいろと変わってしまう前に会いに行きたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です