上海ミッキーは全世界統一変更への布石である可能性が濃厚か

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーにはかなり行きやすい場所に住んでいる割にほとんど行っていない、イロナです。

年パスを買って通うことも考えますが、その年パスも結構なお値段しますからね、なかなかハードルが高いです。

さて、前回に引き続いて今回も上海ミッキーネタです。

記事内で書いていきますが、「上海ミッキー」も「中華正規ミッキー」も呼称に間違いはあるのですが、ここでは便宜上「上海ミッキー」とします。

スポンサーリンク
レクタングル大

 上海ミッキー、世界に先駆けて初登場

海外ではもっと早く記事になっていたようです。そして、その記事を参考に日本語で書かれた記事もあったので、両方ともリンクを貼っておきます。

海外記事

日本記事(DisneyToonDays)

他にも多数あります。

2016年4月半ば

今年の4月に行われた上海ディズニーランドエキスポというところで出たのが初登場だったようです。

このイベントの途中から上海ミッキーへと変更されたようです。正確な日時は不明ですが、前後を載せている人を見つけたので以下にリンクしておきます。

2016年4月10日

2016年4月17日

上海ディズニーランド、オープン

2016年5月~ プレビュー

オープン…といいつつですが、その前に。

上海ディズニーランドでもオープン一ヶ月ほど前から各種プレビューが行われ、その際にも上海ミッキーが使われていたことから、新規オープンする上海ディズニーランドでの上海ミッキー使用がほぼ確定となっておりました。

2016年6月16日 SHDLオープン

東京ディズニーランドをTDL、フロリダのウォルトディズニーワールドをWDWと略すように、上海ディズニーランドはShanghai DisneylandからSHDLと略すようです。

上海ミッキー、世界へ

上海ディズニーランドにて正式にデビューとなった上海ミッキー。

「中国限定であってくれ…」という日本のキャラヲタの思いも届かず、全世界のディズニーランドにて続々と普及が進んでいるようです。

2016年6月 Mickey’s Royal Friendship Faire(WDW)

上海ディズニーランドのオープンと時をほとんど同時期のようです。

フロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールドの新しいショー「ミッキーズ ロイヤル フレンドシップ フェア」にて、上海ミッキータイプのトーキングミッキーが登場しました。

トーキングミッキーとは?

文字通り「喋る」ミッキーです。

国内ではまだ導入されていませんが、海外ディズニーのショーや式典などではよく出ています。

2016年7月 Mickey and the Magician(DLP)

ディズニーランドパリの新しいショー「ミッキー アンド ザ マジシャン」にて、こちらも上海ミッキータイプのトーキングミッキーが出ているようです。

終わりに:TDLには導入されるのか

上海ミッキーの導入状況について、とりあえず現時点(2016年7月11日)では「上海ディズニーランド」及び「トーキングミッキーの新ショー」にて使われているようです。このことから、上海ミッキーを世界標準としていく可能性がかなり高く、タイミングを図りつつ変更していく、トーキングミッキーは優先的に変更していく方針なのかもしれません。

現状ではまだトーキングミッキー以外は上海ミッキーは上海限定という可能性も捨て切れませんが、ディズニー社として考えるとわざわざそのようなことをする理由が見当たらず、ましてや日本だけ特別に変更なしなんてことはほとんどありえないでしょう。

他の記事でも書いているように、基本的には「よりリアルなミッキー」である上海ミッキー。

我々にできることは、いつ導入されてもいいように一日も早く慣れることぐらいしかありませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です